2008年5月28日 (水)

ワイパーガリウス 再発

24ヶ月法定点検で、またしてもワイパーガリウスを発見しました。
ワイパーガリウスとは、20型プリウスで有名な不具合で、ワイパー根本の回転軸が本体樹脂とこすれて塗装が剥がれてしまうことです。
場所も前回と同じ、運転席側のワイパーの根本です。
前回はこちら
http://pricam.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_fd9d.html
1年半で再発したことになります。多分、それ以上前から再発してはいると思いますが。。
Dラーにお願いして、今回も無償修理です。すぐに対応はしてくれました。
ネットで調べると対策部品が出ていると言うことですが、本当に対策されているかは疑問です…
また再発するかもしれない…(;´д`)

とにかく発生したら何度でも交換してもらうしかないですね。
皆さん、何度でもDラーに無償修理をお願いして実績を作りましょう。
今回は写真を撮りましたw

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

プリウス購入動機、インプレッション

書いたつもりで、書いていませんでしたので、書いてみたいと思います。Before=購入前、After=購入後の感想です。
■燃費
Before:言うまでもなく、プリウス購入動機の大きな理由です。前の車が7km/lくらいだったので、いい加減燃費の悪さにうんざりしていました。色々な掲示板で悪くても20km/lくらいは行くと言うことなので、期待大でした。
After :これはもう本当に大満足です。私はいつも家族4人で乗っているのですが、良いと23km/lくらい。冬場の燃費が悪い時期でも20km/lくらいはコンスタントに出ています。気軽に車で出かける気になります。これはプリウス効果です。よく言われるのが普通車との差額が燃費で回収できない。と言いますが、心理的に燃費が良い方が間違いなく出かける回数が増えるはずです。家族の思い出が増え、これはもうプライスレス!(笑)
■加速
Before:ハイブリッド車の加速性能は初めは期待していませんでした。けど、情報では2400cc級の加速性能があるとのことで期待。
After :意外や意外。プリウスはビューン!って加速します。2400cc級の加速性能というのはダテではありません。とにかく速いんです。追い越し車線に入るのも全く苦になりませんし、レスポンスも良いです。この加速で税金は1500cc級です。財布にも優しいです(笑)
■未来感
Before:試乗したときから未来感は別次元という気がしていました。キーの形、プッシュボタンスタート、シフトレバーの形、ステアリングスイッチの多さ、ハンズフリー電話、EMV(テレビモニター)の操作、インテリジェンスパーキングアシスト、速度メーター、現状でこれ以上未来感のある車は無いと思いました。
After :他の車を運転すると違和感を覚えるほど馴染みました。ステアリングスイッチもとても便利です。エアコンとかは独立したスイッチの方が使いやすいかな?って思うこともありますが、コンソールのスッキリ感に貢献しているので、ヨシとします。速度メーターがデジタルというのは賛否両論と思いますが、慣れれば全く違和感有りません。アナログと違い、見た瞬間速度が分かるので、良いと思います。
■内装
Before:コンソール周りがスッキリしていて、とても雰囲気が良いと思いました。内装も安っぽくなく、好印象でした。
After :満足しています。シートも疲れることもなく、物入れの量も過不足無いという感じです。わりと紙パック飲料を飲むことが多いのですが、これは置く場所がありません。ちょっと工夫してホルダーを取り付けました。あと、車から降りたときにあまり静電気が起きないんですよね。意外でした。
■デザイン
Before:外観は流線型が多用していて未来的です。
After :後ろから見たときのデザインが縦長に見えるというか、あまり重厚感がない感じです。この当たりは次世代プリウスに期待ですね。横から見た感じが飛行機の羽のようでセダンでもなく、ミニバンでもなく、とてもいい形です。
■価格
Before:ハイブリッドにしては安いです。ハリアーハイブリッドも興味があったのですが、コミコミで500万!手が出ません。。
After :補助金はしっかりおりました。なかなか連絡がないので不安でしたが(^^;申請から8ヶ月。とても長かったです(笑)
■カーナビ
Before:プリウスに関しては純正しか選択肢はないと言うか、それ以外は考えられないと言った感じでした(^^;
After :公式にはアナウンスしていないのですが、中身は富士通テンのようです。タッチパネル式は意外と使い勝手は良いです。一度決定した高速の入り口は何が何でも案内すると言う頑固なところがありますが(笑)再探索すればいいようです。全般的には不満無く出来は良いと思います。純正にして良かったと思っています。
また最近のナビ全般に言えることですが、停止しないと詳細な設定が出来ないことは本当に使い勝手が良くないです。もちろん運転していないときに設定を変更する場合ですが、良くないですね。高速に入ったらどうしろと言うのでしょうか。
■荷物容量
Before:キャンプ道具が一番の問題でした(笑)買う前にコールマンのキャプテンチェアを持ち込んで確認したりしていました。
After :コンパクトキャンプを目指せば、十分な容量だと思います。さすがにミニバンには負けますが(^^;;普段使う分には全く不満はありません。ベビーカーも横にして乗りますし、さらに買い物荷物もたっぷりと、しかも平置きで乗りますので、十分です。
■大きさ
Before:それまでRV車に乗っていましたので、立体駐車場不可でしたが、車高150cm未満なので、良さそうでした。
After :立体他、駐車不可の場所はありません。普通の道路でしたら、一発で転回でき、小回りもなかなか良いです。洗車もしやすい大きさです。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年2月 6日 (火)

スタッドレス TOYO GARIT G4インプレッション

先日、GARIT G4を買いましたが、のよさの里に行ったときの感想などを少し書きたいと思います。
購入してからアスファルトを既に1500km以上は走っていると思いますので、皮むきは十分に終わっていると思います。
今回走った路面は、
・みぞれ状態 ・凍結路 ・積雪路
と言う感じです。スタッドレスといえども油断は禁物なので慎重に運転はしていましたが、結果、どの状態も「滑った」と言う感じはありませんでした。カーブの横滑りも無く、プリウスのスリップマークも一度も点きませんでした。
特に圧雪の凍結の下りが少しあったのですが、こちらも不安無く、頼もしい限りでした。前評判通り、GARIT G4は凍結路にも強そうです。
少し急な圧雪上りがあり、ここは「さすがに滑るだろう」と思うところで、やはり空転していましたがなんとか登り切りました。このときはスリップマークが点灯しました。
一度止まってから登り始めてしまったので、少し勢いを付ければ難なく上れたと思います。
もう少し無茶をしてみなければ、性能が見えてこないのかもしれませんが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

エアコン画面

01_1プリウスのエアコンです。ちょっと変わっていて、モニタ(EMV)の画面をタッチして操作します。
エアコンの仕組みがかなり変わっています。普通の車はエンジンの力で動きますが、プリウスは電動インバータエアコンです。家庭のエアコンと同じですね。そのためあまり燃費が下がると言うことはありません。信号などでエンジンが止まっていても、冷えます。

冬の暖房はエンジンの余熱を利用します。そのため、始動時などエンジンが冷えているときは、積極的にエンジンがかかるので燃費が落ちます(^^;
しかし、しばらく走ってエンジンが適度に暖まってからエアコンを始動すると、そんなに燃費が落ちることはないようです。
次世代のプリウスは暖房も冷房の逆にしてインバータ方式にすると良いと思いました(^^)

また、内気外気の切替も自動で行われます。効率の良い状態になるようです。しかし、春や秋など外の空気を入れたくて外気にしておくと、一度電源を入れ直すと自動的に内気に戻ってしまうことが結構ありました。
そこで、Dラーにお願いしますと、この操作を手動に変更してくれます。この状態でもデフロスタでフロントの曇りを取ろうとすると、自動的に外気に切り替わりますので、使い勝手が良くなりました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

テレビのマルチ画面

プリウスのEMV(モニタ)でテレビを見るとき、ちょっとした楽しい機能があります。
テレビに切替→オーディオキー→「マルチ画面」をタッチすると、今現在放送している番組が一覧表示されます。
どんな番組が放送されているか、電波状況はどんな感じか。などがチェックできます。そこから好きな番組をタッチすれば、切り替わる仕組みです。
他のナビにも同様の機能があるかもしれませんが、とりあえず紹介まで(^^;;061126tv01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

bluetooth ハンズフリー

061126tel01

プリウス購入当初から、ハンズフリー機能を使いたい!って思っていました。
ステアリングスイッチにせっかく付いているのに、使えないのは悔しいですよね(^^; 今はケータイを片手で耳に当てて使用しているとつかまります。

ハンズフリーを使うには、bluetooth対応携帯が必要です。しかし、、欲しい機種がない!
私はauなのですが、東芝の機種しかbluetoothが出ていません。ドコモもあまり多くないです。vodafone(現softbank)はわりと多いのですが。ハンズフリーの需要もありますし、もっと色々な機種を出して欲しいです。
当初W41Tと言うHDD搭載の機種がありました。機能的にはかなり魅力的です。しかし店頭で触ってみると、、大きすぎる(;_;) 次は薄いケータイにしたかったので、妥協できる大きさではありません。
bluetoothアダプタというのもありますが、12000円くらいかな?とにかく安くはないです。機種交換できちゃいます。電源も別で、使い勝手も良くありません。
仕方がないので、良いケータイが出るまで待ち作戦にしました。
そしてついに、、W44Tが出ました。薄型、大容量メモリ、理想的です。bluetoothヘッドセットも付いています。楽しそうです。少し安くなるのを待って購入!

早速、プリウスとペアリング。何の問題もなく接続!
電話をかけます。ステアリングスイッチの通話を押し、メモリダイヤルを選んで通話。ちなみに、このメモリダイヤルはプリウスのメモリに登録されています。ケータイのメモリを読み込んで登録することも可能です。音質は良いです。相手にもはっきり聞こえているとのこと。
相手の声は運転席右側のスピーカから聞こえます。マイクはマップライトの辺りにあります。走行中は、電話を受けるのと、ワンタッチダイヤルに登録した相手か、リダイヤルのみ発信可能です。
CDや、HDDオーディオをかけている途中で電話を使用すると、自動的に音声が切り替わりますが、通話が終わると切り替わった箇所から再生されます。至れり尽くせりです。

電話を待ち受け状態にしておけば、プリウスを起動するとすぐに電話に接続されます。つまり、ケータイをポケットに入れておくだけで勝手に電話が使用状態になります。W44Tはbluetoothヘッドセットも登録していますが、切替は自動なので意識することはありません。
CDDBの更新も出来ます。曲名が表示されないアルバムがあったら、そのプレイリスト上の「Gで検索」を押すと更新されます(ちょっと分かりづらいです)。このサービスは無料で受けられます。(通信料金はかかりますが)
電話の画面には、アンテナマーク、電池残量が表示されます。
とにかく、楽しいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

スタッドレス TOYO GARIT G4購入

冬もスキー、温泉に行きたい!と言うことで、プリウス用にスタッドレスを購入しました。
どこのメーカーにするか!色々悩みました
私は、冬でも本当に雪の上を走行するのはそう多くないと思いますので、耐久性と価格重視です(^^;

ブリジストン:今年はREVO2が出ました。ドライ面でも持ちが良くなったそうです。ブリザックは色々レビューを見ていると、何故か販売店のレビューはいいのに、ユーザーレビューがあまり良くないんですよね。REVO1になって、良くなくなったとか。あと、発砲ゴムを使用しているので、減りが早いと言われる事が多いようです。柔らかさは持つという事かな?値段は一番高かったです。ただし、REVO1は安かったです。
ヨコハマ:ブリザックと似たような感じで、ブリザックに一歩及ばず。って言うイメージでした。
ミシュラン:海外メーカーのものは、日本の雪質にあまり合わないとか。あまり安くなかったです。
ファルケン:前の車で使っていました。性能は申し分なかったです。ただし、オーツタイヤが消滅して、ダンロップと統合されてしまいました。店での取り扱いもあまり無いようで、候補には入りませんでした。
TOYO:いわゆるクルミが効く、GARITです。クルミが抜けた後の穴が発砲ゴム同様に効くとか。クルミも天然素材なので環境にも優しい。ユーザーレビューはどの人を見ても良いです。TOYO→ブリジストンと使って、またTOYOに戻ってきた人もいたくらいです。とにかく氷上性能はダントツらしいです。価格も安い。耐久性もブリジストンより全然良い。と言う店員さんもいました。今年は新しくGARIT G4と言うのが出ました。横滑りに強いようです。

と言うわけで、TOYOのGARIT G4にしました。11月なので、多少は値引きが効いたようです。装着は12月にしました。
サイズは、インチダウンして185/65R15にしました。スタッドレスはインチダウンした方が雪上性能が上がるとか。それに安いし(^^;;
雪の温泉地に行くのが楽しみです(^^; スキーは行けるかな?
後で気が付いたのですが、ネットで買っても結構安いんですねぇ(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月27日 (月)

ワイパーガリウス

6ヶ月点検のおりに、ふと気が付いたら運転席側のワイパーにワイパーガリウスを発見しました(^^;;
ワイパーガリウスとは、20型プリウスで有名な不具合で、ワイパーの根本の軸が本体の樹脂カバー部に当たってこすれてしまい、ワイパー軸の塗装が剥げてしまう現象を掲示板などではワイパーガリウスと呼んでいます(^^;;

早速Dラーに連絡して見てもらいましたら、すぐに「これですね。分かりました」とすぐに対応してくれました。
以前はネットでは半常識的な現象にも関わらず、Dラーの対応が「過去に例がない。」と悪かったようです。
しかし、現在は周知されているようで、パーツも対策品が出ているようです。すぐに交換になりました。
様子を見て、まだ当たるようだったら間隔の調整をまたしてくれるそうです。
修理後のものを見た感じでは、大丈夫そうです(^^) 写真を撮っておけば良かったですね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

プリウスの排気ガス

プリウスの排気ガスって、どんな匂いでしょう?
普段は停止時にエンジンは止まっているので排気ガスの匂いをかぐことはほとんどありません。
ハイブリッドシステムを入れたまま、プリウスをそのままにしておくと次第にバッテリーレベルが下がっていって、自動的に充電モードに入ります。そして、ついに匂いをかぐことが出来ます(笑)

すると、、匂わない!
いわゆる排気ガス臭がほとんどしません。前は自分の車の排気ガス臭がするだけで車酔いしたような感じになりましたが、それがありません。
ちなみに、この排気ガス、かなりの水蒸気を含んでいて手を当てているとしっとりと手が濡れてきます。

初めのエンジン始動時も、しばらく暖気があるので止めたままエンジンがかかっている状態になりますが、こちらは冷えている状態なので少し匂うかもしれません ←そう言えばこっちは未確認でした(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月29日 (火)

駐車場の低公害車割引

すみません、久々の更新です(^^;
先日、都内に用事があってプリウスで出かけました。
その時に停めた駐車場に低公害車割引というものがありました。
☆4つの車が条件ですが、プリウスは☆4つなので受けられます。

しかし、どのようにしたら割引が適用になるかが全然分からなかったので、窓口のおじさんに聞きました。
まず、車検証を窓口に持っていきます。すると車種を確認して、割引カードという厚紙でできたA5くらいの大きさのカードを発行してもらえます。同時に磁気入りの割引券ももらえました。これを精算機に入れると、1時間無料の割引が受けられます。「プリウス、偉いっ!」って心の中で叫んでました(笑)

次回は、割引カードを見せるだけで、割引券がもらえるようです。また、割引カードは全国共通で、低公害車割引が適用できる駐車場で使えます。
ただ、全国的に見ても、あまり数は多くないんですよね。新宿とか、東京とかの主要都市の公共駐車場の一部にはあるみたいですが。

プリウスユーザーは、出かける前に割引のある駐車場をチェックしてはいかがでしょうか(^^)
今回は行き先近くの駐車場をネットでチェックしていたら、偶然見つけたので分かりましたが、現地には「低公害車割引」と言う表示は全く無かったので、注意が必要です(^^;

ちなみに、初期の20型は☆3つと言うことで、割引が受けられないように見えますが、初期型の時期は制度的に☆4つが無かっただかららしいです。
実際の確認は、車検証の形式のみで判定していて、実際の車やステッカーは見ていませんでしたし、初期型と言っても形式は同じハズなので、割引が受けられるような気がします。確認してみたらいかがでしょうか。
でももし、、受けられなかったらすみません(^^;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)