2010年10月28日 (木)

本、漫画を電子化する方法2(DR-2510C) 短時間で電子化を行う

電子化は短時間でキレイに行いたいですね。以前、裁断~電子化までを紹介しました。→コチラ
そこで、マンガ等を電子化する際に、迷いやすいことが、
(1)スキャン時の解像度、カラー設定
(2)保存時のフォーマット(jpg,pdf等)
これらは、人それぞれで様々な流儀があります。

■芸術的なスキャン
WEBでよく見かける方法は、(1)300dpi程度、カラー取込 (2)グレースケールでjpg保存 が多いと思います。
具体的には、300dpiのカラーでスキャン、jpgで保存後、紙の黄ばみを取り除くためにカラー調整、グレースケールに変換、サイズ変換縮小、モアレを軽減するレタッチ、質感の調整、再度jpg保存、ZIP等で圧縮して、ビュアーで閲覧する。と言う方法が多いようです。
この方法の特徴は、
(a)特定モニターで見やすい
(b)jpgで保存してあるので閲覧時の動作が軽い
(c)作業に時間がかかる。慣れても1冊1時間以上
芸術品のように、書籍をスキャンする方法が日夜論議されているようです。しかし、日常の片手間にスキャンしている私としては(c)が致命的すぎて実用的ではありません。これが原因で電子化に断念している方も多いと思います。

■とにかく短時間に、できるだけキレイにスキャン
日常的に電子化を行うには、とにかく早く電子化でき、ファイルサイズを小さく、閲覧ソフトは軽く、できるだけキレイに、が理想と言えます。
そこで、私の流儀は (1)600dpi、白黒2値取り込み (2)pdf保存 しています。
具体的には、DR-2510Cのジョブを設定したら、ボタン一つで600dpi白黒2値で全ページスキャン、pdf保存、次にカラーページを別にスキャン、acrobatでカラーページを上書き保存、acrobat reader等で閲覧する。と言う方法です。
この方法の特徴
(a)作業時間が早い。裁断、スキャン、カラーページ編集、ページ確認をやっても1冊10~15分程度です。
(b)白黒2値ですが、中間調のページもキチンと見れる。
(c)黄ばみ、裏写りがほとんど無い、再現性が高い
(d)白黒2値のためにコントラストが良く、くっきり見える。紙質を気にする必要がない。
(e)1つのファイルにでき、ファイルサイズが小さい、ビュアーが軽い、検索が可能。
(f)見開き、閉じ方の設定が出来る。閲覧する時楽。
早いです。基本的にスキャン後のレタッチや修正はしないので早いのです。カラーページの編集はしますが、ドラッグ&ドロップなのであっという間です。
白黒2値で取り込んでまともに見れるのか。と言う疑問が湧くと思いますが、中間調も十分キレイに閲覧できます。初めだけ明るさ、コントラスト、エッジの微調整が必要になりますが、これがハマると、2値とは思えない程の表現力が有ります。ScanSnap等は試したことがありませんが、DR-2510Cは良くできていると思います。(モアレ除去設定や、傾き補正設定などは行っていません。)
202a
(白黒2値の例。表示させた物を縮小しています。実際はもっと解像度が高い。)
2値で取り込むために、黄ばみの影響などはほとんどありません。

■白黒2値のススメ
白黒2値なのでacrobat readerでも軽く、ファイルサイズも小さいです。画像のピクセル数はとても大きいのですがソフト側は処理しやすいようで軽いです。比べると、カラーやグレースケールのページは重い事が分かります。拡大すると、かなり細かいところまで取り込んでいることが分かります。
モニターで見ると、表示倍率によっては若干モアレが発生するかもしれませんが、あまり気にならない程度です。ただしこれは表示やモニターの問題であり、jpgでモアレ調整した場合でもモニターを変えればモアレが発生する可能性はあります。

白黒2値でもデータ自体は高解像度で取り込んであるので、将来的に表示ソフトの性能向上が期待できます。モニターの解像度が高いほど、キレイに閲覧できます。
印刷してみると、原稿をほぼ完璧に再現できてしまいます。元々マンガはインクのドットで書かれているわけですから、当然かもしれませんが、再現性の高いデータを残せるという安心感があります。モニターに比べてプリンタは解像度が高いという理由もあります。

また、pdf保存するとファイルは一つで済み、透明テキストによる検索が使えます
DR-2510CのOCRは優秀で、スキャンとほぼ同時にOCRが終了します。OCR ONによる処理の重さは全く感じません。精度は一般的なOCRソフトと変わりありません。
マンガの場合、吹き出しのセリフ全てOCRがかかるわけではありませんが、キーワードによるシーンの検索などは重宝します。
マンガは、見開き設定をすることによって読むときに再現できるのもpdfの良いところです。
pdfは最も普及しているファイル形式の一つですので、将来的に読めなくなると言う心配はほとんど無いでしょう。

私はiPhoneは持っていませんが、先日自分のファイルをiPhoneで見れる機会があり、とてもキレイに見れるのでびっくりしました(サイズ的に見開きは厳しいですが)。
iPhoneが欲しくなってきましたよw

以上、私の流儀ですが、とにかく短時間に、できるだけキレイにファイルサイズを小さく、本、漫画を電子化して保存したい。と言う方にはオススメと思います(^^)

■電子化のメリット
電子化のメリットはすばらしく、数百冊の本のスペースがスッキリ空きました。
また、簡単に持ち運べて、いつでも見れると言うこともすごく便利です。時代は電子化に向かっていることをひしひしと感じます。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2010年6月 4日 (金)

牛丼比較(吉野家、すき家、松屋)

先日、まさにデフレ戦争と言うべき牛丼の価格競争がありました。牛丼戦争と言われているみたいです。
牛丼は好きなのでよく食べますが、その時一通りの牛丼を食べましたので、比較を行ってみたいと思います。

■吉野家
 牛丼並380円(通常) 270円(牛丼戦争価格)
 牛丼は美味しいです。どちらかというと薄味で牛肉そのものの味を生かす狙いがあると思います。
 ところが、店によって味のばらつきが一番大きいのが吉野家だと思います。
 以前、吉野家は店や時間帯によって味や肉質のばらつきが多いな…と感じていたのですが、今回もやはり同じ印象を受けました。
 2店で食べましたが、初めの店は味が薄く、後の店は濃かったです。肉質もバラバラのカスが入っていることもあり、安定しません。
 結果、美味しい店を探す必要があるので、安心して食べれません。
 店自体はファミリー向けの改装をしているところもあり、清潔感もあります。

■すき家
 牛丼並280円(通常) 250円(牛丼戦争価格)
 牛丼はしっかりと味付けがしてあって、とても美味しいです。肉質も良いです。
 私が最近一番行くのがすき家ですが、感心するのはどの店でも味や肉質が安定していて美味しいのです。どこでも安心して入れます。
 そして、店の雰囲気が明るくてキレイです。ファミリーでも安心して入れる雰囲気があります。
 明らかに以前のすき家より美味しくなっています。並の肉の量も多いです。七味も以前は辛すぎたのですが、最近は味がマイルドで美味しい七味です。
 最近、すごい勢いで店舗数を延ばしているのも納得です。

■松屋
 牛丼並320円(通常) 250円(牛丼戦争価格)
 牛丼(牛めし)はちょっと単調な味付けでしたが、美味しいです。松屋だけこの価格で味噌汁が付いているのも嬉しいです。
 松屋はあまり行かなかったのですが、以前より美味しくなった気がします。
 ただ、私が入った店がたまたまだったかもしれませんが、ちょっと清潔感に欠ける気がしました。あと、他の2店に比べて、丼が少し安っぽいのが残念…
 今週末も牛めし250円みたいですよ(^^)

■総評
 今回の牛丼戦争は吉野家が味で客を呼び戻す狙いがあった気がしますが、失敗した感が強いです。
 比べてみると、吉野家は良くも悪くも以前と変わっていませんが、すき家と松屋があまりに良くなったために、吉野家のアラを再確認してしまう結果となりました。
 少なくとも、吉野家とすき家が並んでいて、100円の価格差がある今の状態では私は吉野家には入らないでしょう。
 逆に、吉野家一筋の方もいると思いますが、安くて美味しいすき家も一度試すことをオススメするかもしれません。

 すき家の伸びに拍手!

 吉野家はまだまだ改善する余地が有ると言うことです。
 伝統に甘んじているだけではダメです。時代に応じて変わらなければなりません。
 是非、品質のばらつきを無くして、美味しく、安くして、再び牛丼戦争を仕掛けてください。
 がんばれ!吉野家!!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年5月27日 (水)

デバイスサーバSX-2000U2とDR-2510C組み合わせレビュー

ドキュメントスキャナDR-2510Cを離れた所に設置したい…
以前ブログでも紹介しましたDR-2510Cはとても快適です
既に300冊程度スキャンしています。
重送も少なく、あっても確実に止まってくれるので、完全に機械任せです。

今回、さらに使い勝手を良くしようと、デバイスサーバの導入をしました。
PCのそばにスキャナが置ければ良いのですが、スペース的に難しい場合があります。
違う部屋にドキュメントスキャナを置いて、そのまま使えれば一番です。
それを実現できるのが、サイレックスのデバイスサーバSX-2000U2です。
これは色々なUSB機器をLAN経由で離れた場所に設置して、あたかも直接繋いでいるようにしてくれる便利なモノです。
他にも、LAN-DVS/U2やUSL-5Pも検討しました。

導入はとても簡単です。
PCとSX-2000U2をLANで繋ぎ、DR-2510Cを接続して両者の電源を入れます。
附属のCD-ROMの設定ツールでSX-2000U2を検索して、IPアドレスなどの設定をします。
そして、SX Virtual Linkをインストールします。
この時、SX Virtual LinkとSX-2000U2のファームウェアは最新版にしておいた方が良いです。
SX Virtual LinkからDR-2510Cが表示されます。そして接続をクリックすれば完了です。
まさにあっけないほど簡単に接続されました。

DR-2510C本体のボタンを押してスキャンしてみます。
以前とUSB接続箇所が変わったと同じ事ですので、初回だけ機器の確認画面が表示されます。
それ以降は、全くUSB接続と同じ感覚で使えます。
2回目以降はPCの側にいることなく、DR-2510Cの本体ボタンだけで操作できます。
PCをスタンバイにしても復帰後は問題無く繋がりました。

スキャンスピードは少し遅くなりますね。
3倍程度時間がかかる感じです。
USB速度に比べて、LANの速度が遅いので仕方がないのですが。
ただ、数枚スキャンする程度ならほとんど遅さの実感無くスキャンできると思います。

SX-2000U2を選ぶときに、他の対抗機種ではスキャナ機能は使えるけど、本体のボタン操作には対応していないと言うものがあったので、注意が必要です。
その点、SX-2000U2は完璧でした。
DR-2510Cの電源が入ると自動的に接続するようにも設定できます。
プリンタと組み合わせれば、例えばDR-2510CとプリンタをPCから離れた場所に置いて、コピーをしたいときなど。
DR-2510Cの場所に行き、プリンタと両方の電源を入れて、原稿をセットして、本体ボタンでコピーをして、終わったらDR-2510Cとプリンタの電源を切る。なんてスマートな使い方も可能です。

SX-2000U2は他にも、USBハードディスクも繋げられます。NTFSが読み書きできるので非常に便利です。
いざというとき、USBハードディスクを直接PCに繋げられます。
ただしNASとはちょっと違う概念なので気を付けてください。

SX-2000U2は発売されてから数年経っていますが、とても安定している感があり、デバイスサーバとしては最強とも言えるツールです。

【送料無料】SX-2000U2 サイレックス・テクノロジー SX-2000U2 USBデバイスサーバ SX-2000U2 【送料無料】SX-2000U2 サイレックス・テクノロジー SX-2000U2 USBデバイスサーバ SX-2000U2

販売元:ヒットライン
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

本、漫画を電子化する方法(DR-2510C,PK-513)

ドキュメントスキャナCanon imageFORMULA DR-2510Cと裁断機プラスPK-513を使って、本を電子化する方法をさらっと紹介します。
電子化とは、本や漫画を丸ごとパソコンなどで読めるpdfやjpgファイルにすることです。
これらは主に僕がやっている方法ですが、他にもやり方は何通りかあります。

2008_0614_200846aa




(1)本の背表紙の裁断
背表紙の端から4mm程度の所を裁断します。
PK-513の場合は、2箇所ほど押さえの隙間がありますので、ここに来る位置にマーキングします。
爪で少し跡を付ける程度が楽ですw
PK-513はカットラインが光りますので、ここで位置あわせします。(青矢印)
この時、ゲージを使って、平行を出すようにします。

2008_0614_200919aa



そして、ザクっと切りますw 刃は木村刃物らしいです。国産ですので品質は確かと思います。

2008_0614_201000aa



こんな感じでバラバラになりました。

2008_0614_201127aa



ばらけないように、輪ゴムで止めておきます。
ここまで、ものの30秒程度です。

2008_0614_201147aa




(2)カバーの裁断
僕の場合、カバーも半分に切断します。
見やすいのと、カバーをスキャンニングする場合、DR-2510Cを一度長尺モードに変更しなければならなく、面倒だからですw
ここはカッターやはさみでもいいのですが、PK-513の方が楽です。
刃と平行のゲージは磁石になっているので、これでカバーを押さえると楽に位置あわせできます。(青矢印)

2008_0614_201250aa




(3)スキャンニング
好みに合わせて、スキャナDR-2510Cの設定をしておきます。主に白黒2値を使用してます。一度設定すれば、ほとんど変更はしません。

1:原稿を4mm厚くらい手に取り裁いてキレイに整えます。
2:スキャナにセットします。
3:本体のボタン③(保存)を押すとスキャンが始まります。
4:終わったら、次の4mm厚分をセットして、ボタン①(スタート)を押します。
5:4を繰り返して1冊分全てスキャンしたら、ボタン②(ストップ)を押すと、1冊分が1つのpdfに保存されます。

2008_0614_202420aa



この間、PCには一切触れる必要はありません。ワンタッチでスキャンでき、操作性は非常に良いです。
だいたい200ページの漫画1冊なら5分程度でスキャンできます。

ちなみに、スキャンした瞬間にOCR処理も完了します。漫画200ページ、解像度600dpiの高圧縮モードのpdfで30MB程度です。ファイルサイズとしてはなかなか小さいと思います。
pdfでOCRすれば後で文章を検索する事もでき、便利です!

(4)カバーのスキャン
設定をカラーに変更してカバーをスキャンします。
また、本体ボタンは出荷時の設定として説明しましたが、変更も出来ます。
例えば、カバー用の設定をボタン②に割り当てるなどが出来ます。
その際、ストップはPC上でします。

(5)チェック、リネーム、設定
数冊、スキャンが終わったらリネームします。PCには日付時間のファイル名で保存されているので、本のタイトルにリネームします。
そして、Acrobatで開き、文章の設定をします。開き方、閲覧方法を設定します。漫画は右綴じが多いので右綴じ、見開き(表紙)に設定すると、本を開いたように見ることが出来ます。
そして、ざっと内容のチェック。DR-2510Cは重送があると超音波で検知してほぼ100%止まるので、ページの抜けはまずありません
基本的にほとんど重送はないのですが、今までの重送は、糊で着いていたときや、うっかり宣伝用の紙が挟まっていて気が付かなかったときなどですw
重送検知機能のおかげで、スキャン中の監視がいらないのはとても大きなメリットだと思います。

これらの工程は全部含めて平均1冊10分程度でした。
これで本棚がスッキリしますし、ファイルになっているといつでも好きなときに本が読めて、かえってスキャンした後の方が目を通すことが増えるような気がしますw
ついつい、余計な本を買ってきて電子化してしまうことも…(^^;;;

自分で作成したpdfは自由にバックアップしておけるのも非常に大きなメリットです。絶対に紛失したくないですよね。
電子書籍を購入した際は、1つのPCにしか保存できなかったりするので、PCが壊れたり購入した会社が無くなったりした場合を考えると非常に不安なのです。これらの制約は電子書籍がなかなか普及しない理由であることは間違いないですね。

最後に、本の電子化は法的に個人で買った書籍の保存のためだけに行えます。
電子化したファイルの配布や、他人から頼まれての電子化は出来ません。また、これらの判断も含めて全て自己責任でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

裁断器 PLUS PK-513 購入レビュー

先日、imageFORMULA DR-2510Cと言うドキュメントスキャナーを買いましたが、少し遅れて裁断器プラスPK-513を購入しました。
これで、本や漫画を一冊丸ごと電子化します。やり方は後日にします。

電子化などで色々検索すると大抵出てくるのがこのPK-513です。
個人が使うには、価格、性能を考えるとほぼこれに行き着くという物です。

本を電子化するときに背表紙を切り離してバラバラにしますが、やってみれば分かりますが、カッターなどで切るとものすごいタイヘンです…
分厚い紙というのは木材とほとんど変わらないので、凄く切りにくいのです。
そこで裁断器が必要になってきます。対抗機種はカール ディスクカッター DC-210、550枚切れる裁断機PT6176(中国製)等です。

ディスクカッターは一気に切れる枚数が少ないので、日本製でそこそこの価格で使いやすい物。と言うことで必然的にPK-513になりました。
これだけ高価なカッターを買うのですから、長く使いたいですよね。信頼性のあるメーカーが良いです。

切れ味は、これは凄いです。あまり力を入れないのにざっくり切れます。
完全に切り終わるとブツって言う手応えがあるので、切り終わりが分かります。
裁断能力は15mm、160枚ですが、刃の間に入れば切れます。
切り終えたらしっかりと上に戻さないとロックがかからないので注意が必要です。
ロックされていないときに寄りかかったりして刃が出たら大事ですw

ハンドルを下げて固定できないので、場所をとりますが、送られてきたときに付いていたダンボールに入れるとハンドルを下げた状態で入れられるので、とりあえずこの状態でしまってあります。

切る位置の合わせ方ですが、小窓があるのでその位置に合うように本にマーキングします。
そしてランプスイッチを入れると、切れる位置が映し出されるので、これに合わせて切ります。
切断面はとてもキレイです。
刃と平行のゲージはマグネットで台に付いているので、薄い紙なら抑えに使えます。

刃は一部分しか見えませんが、恐らく木村刃物製です。良く切れそうです。
とても実績のある日本のメーカーですから、安心です。
【送料 ・代引手数料無料】 PK-513 裁断器 PK513

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

ドキュメントスキャナー DR-2510C 購入レビュー

CanonのimageFORMULA DR-2510Cと言うドキュメントスキャナーを買いました。
対向検討機種はPFUのScanSnap S510 でした。

ドキュメントスキャナーとは何かというと、大量の書類を自動紙送り装置(ADF)を使って、一気に両面スキャンできるスキャナです。
例えば本や漫画など一冊丸ごと電子化したい。と言うときに使います。
本の場合は、背表紙を裁断してスキャンします。

■購入前
S510と比較すると、こんな所が購入の決め手になりました。
・重送(ジャム)が少ない。スタパ斎藤さんの記事にもあるように、相当様々な紙質に対応できるようです。
・超音波重送検知センサー。重送が発生すると、超音波で検出して停止してくれるというもの。知らずにページ飛びが発生していたと言うミスが無くなる。
 これが非常に大きくて、もし何冊もの本をスキャンして、捨てて、後からページが飛んでいたなんて思うと、相当悔しい思いをするはずですが、それがありません。
 いちいちチェックするなんてめんどくさいと思う人向け(^^;;

心配だった点は
・要求されるPCスペックが高めなので、少し心配…
・添付ソフトのPaper Portがあまり使えないとの噂…

■購入後評価
早い! フラットベッドスキャナを全く寄せ付けない早さです。
 これで両面、OCRも同時にしているのだから凄いです。
・重送 入れ方がいい加減だと重送が発生します。しかし、きちんと揃えてセットすると、全く発生しません。これは本当にスゴいです。
 一度糊が着いていて重送が発生したのですが、重送検知しました。
 この安心感は良いです。
PCスペック S510に比べると、要求されるPCのスペックがかなり高いのです。
 では、低スペックのPCだと一体どうなるのか。PentiumIII-600MHz、メモリ128MB、Windows2000SP4、USB1.1と言う環境で試してみました。
 結果、特に問題無く動作します。
 もちろん、スキャン速度は遅くなり、スキャン中一時停止して、しばらくしてから再開を繰り返しますが、できあがったpdfは特に遜色の無いものでした。
 後々、高スペックのPCを導入したいけど、しばらくは動いてくれればいい。
 と言う使い方でも安心です。
・操作性 S510と比較したわけではありませんが、操作性は良いと思います。
 色々な設定を用意しておき、その都度本体のボタンに割り当てることが出来ます。あとは、書類をセットして本体のボタンを押すだけです。
・画質 さすがキャノン。とてもキレイです。カラーもキレイで、実用性が高いです。以前、キャノンのフラットベッドスキャナを使っていましたが、色の再現性が高く、補正がほとんど必要ないんですよね。DR-2510Cもそれを受け継いでいるようです。
・Paper Portは文章管理ソフトで、できあがったpdfを管理するソフトです。
 私はこういったソフトの必要性は特になく、添付のAcrobatのキャビネットと言う機能で、代行できるどころか、こちらの方が使い勝手が良いらしいです。私はインストールしませんでした。

購入前はS510と揺れ動いていたこともありましたが、今はDR-2510Cにして本当に良かったと思っています。

ドキュメントスキャナの神髄はどう活用するかにかかっているので、購入して安心しているだけではダメですよね(^^;
キヤノン imageFORMULA DR-2510C 2455B001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

ブラウンBRAUN ブレンダー パワーブレンドMX2050購入レビュー

うちにあるミキサーの調子が悪いです(笑)
使っているうちに止まってしまう。入れ過ぎなのかな?(^^;;
量販店によくある安物だったし、ミキサーもそこそこ使うので、少し良い物を狙ってみよう。
と言うわけで、WEBで色々物色して絞った結果、ブラウンMX2050に標準を合わせました。
ちなみに、対抗機種はビタントニオVSB-2、ラッセルホブス3901JP、プリンセスZ-PM2046、デロンギBL745J等でした。

・大パワー440W 家庭用が170W程度の中、秀逸なパワー
・大容量1.7リットル やはり家庭用が0.7リットル程度の中、十分。スープを作るときとか、今までのミキサーでは2回に分けたりしていましたので、容量は必要。
・ジャー(ボトル)の形 上から見ると三角をしています。よくスターバックスなどで使われているスムーザーと呼ばれるブレンダーのジャーは四角をしています。家庭用は丸形が多いのですが、角があった方が良く砕けそうな気がします。
・デザイン 評判はいいようです。メタル調のデザインの他機種も気になりましたが、こちらもスッキリしていいです。
・洗い易さ 通常のミキサーはジャー(ボトル)の下部を塞ぐプラスチックの部分にブレードが付いているものが多いですが、こちらはプラスチックとブレードとパッキンも分離できて、実際洗いやすいのです。
・安い 400W越えクラスでは2万円近くする中、7000円台程度で買えます。
・シンプル機能 ブレンダーのみです。最近はミルとか、ミルサーとか色々な機能が付いているものもありますが、シンプル機能の方が長く使えそうな気がします。

実は、狙いを絞ってから既に1年以上経過w。今すぐ必要と言うほどでもなく、価格が落ちてくるのを待っていました。
そしたら…来ました!4980円!最近ブラウンのサイトから消えているのを見ると、どうやら生産中止になったのかもしれません。
しかし、この手の家電の機能が大幅に変わるわけでもなく、新機種が出たら価格アップするのは目に見えています。
ぼちぼち買い時と思い、5000円程度の価格で、買いました。

製品も届き、早速使用してみました。
じゃがいものスープを作ってみたのですが、一度に8人分程度投入して、スイッチオン!
固そうな音がしますが余裕で回っています。しかもなめらかに仕上がりました。
大容量を一度に投入できるのはとても良いです。
いちごのスムージーもバッチリです。
洗うのも、ブレードの部分を無理な洗い方をすることなく洗えます。ブレードはなかなか鋭い刃が付いています。
また、デザインも購入前はメタル系が良かったかな~なんて思っていましたが、白と水色を基調にして、かわいい絵が載っていて、女性にも人気がありそうです。シンプルでとても気に入っています。
コードも下部に巻き付けることが出来ます。コードはいちいち巻く作業があると使いづらいので、極力短くして、そのまま収納できるようにしました。

我が家では使用頻度はそんなに高くないのですが、長く使って行けそうな一品です。
最低価格4980円を付けた後は、少し値上がりしているようです…
【セール】ブラウン ミキサーパワーブレンドMX2050 R ■BRAUN■1.75リットル大容量

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

ソニー NETJUKE NAS-M75HD 購入 レビュー

今使っているコンポが、大分前から調子が悪いんですw
CDが聞けないのはさすがに酷いので、コンポを検討しました。
条件は
・MDはここ数年使っていない。いらない。皆さん使ってます?
・CDとラジオが聞ければいい
・プリウスのHDDオーディオが非常に便利なので、どうせならHDD付き
・ライン出力
パナソニックとか色々悩んだ末に、SONYのNETJUKE に。
本当は55HDで良かったのですが、ライン出力がない(-_-#)
ライン出力必須なので、仕方なくNAS-M75HDを買いました。

レビューを少々。
・やはりHDDオーディオは便利。色々貯め込んで、CD入れずに聞けます。
・曲の雰囲気を解析して、「静かなときに聴きたい曲」のように分類してくれる。ジュークボックス的に使える。
 解析の精度はなかなか良く、雰囲気にあっているな~と言う感じです。
 これは楽しいです。
・ネットに接続して、CDタイトルを検索できる。最新曲の試聴ができる。購入もできるらしい。
 ある程度はデータベースを内蔵していてネットに繋がなくてもタイトルが出るようですが、最新曲はネットに繋がないとダメですね。
MDタイトルも表示できる。これは曲の波形データを解析して曲名を検索するようですが、凄いです。本当に合っていました。過去にタイトルを混ぜて作ったMDも楽に取り込めるようです。
・ネットに接続して、時刻合わせ。
・音質。多少良くなった気がしますが、前のコンポに比べて劇的に良くなっている訳でもないですね。
・ラジオ。多少感度が良くなった気がします。LANケーブルをつなぐとノイズが増えます(-_-#)

取り込みは本当にワンタッチで簡単です。早いです。
最近は、iPodとか貯め込むオーディオが当たり前になってきますが、コンポは思ったよりラインナップが少ないですね。

家のHUBに接続するだけであっという間にネットに接続できるのは凄かったです。
電力線LAN(PLC)とか着実に家電がネットに対応してきているような気がします。

SONY HDD搭載CD/MDコンポ【税込】 NAS-M75HD [NASM75HD]【でんき1001】 SONY HDD搭載CD/MDコンポ【税込】 NAS-M75HD [NASM75HD]【でんき1001】

販売元:Joshin web 家電とPCの大型専門店
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月15日 (月)

東京ガス炎の大感謝祭 パシフィコ横浜

土曜日、東京ガス炎の大感謝祭(ガス・パッ・チョ!キャンペーン)と言うのに行ってきました。
とにかくひどかったです…
入場するときに試食券がもらえて、美味しい料理が試食できる。と宣伝していました。大人はもちろん試食狙いです(笑)
子供に14時のキャラクターショー(プリキュア)を見せたかったので、間に合うように行きました。
そして入場してみると、、「試食券の配布は終了しました」とのこと。
何で?イベントは17時までやっているのに、こんなに早く?
WEBでは試食券は限定配布なんて書いていなかった。
そしてキャラクターショーは立ってみている人が多くて、子供の背では全く見えない
TEPCOのイベントではみんな座っていて、こんな事無かったのに…何故座らせない?
体験コーナーとしてホットケーキを焼いていたので並んでみたのですが、長蛇の列にも関わらず進みが遅い、遅い…
説明のお姉さんはフォローは無し。ガス台ももう1口空いているのに何故そちらも使わない?
1組10分近くかかっていましたよ。もらえるホットケーキも1組7cmくらいのが2枚のみ。
当然大人のお腹には入らず(;´д`)
体験コーナーなのにカタログももらえず。ぴぴっとコンロは便利そうだと感じたのに。

他の人のブログの感想にもありましたけど、午前中に行って試食できた人も試食が長蛇の列、争奪戦様相で30分くらい待たされるとか。
イベントとして未熟感は否めず。
14時30分くらいになると、試食ブースが終わってしまったせいか、会場もガラガラになって、閑古鳥状態

東京ガスの担当の方。
もしこれを見ていたら、人が何を求めて、どういう風に動くかを考えて企画して欲しいです。
試食を前面に打ちだしているのなら、最終入場まで試食出来るべきだ~!!ヽ(`⌒´♯)ノ
14時前で終了なんて、ありえない!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年7月24日 (火)

Privia PX-800購入

ピアノを買いました。と言っても電子ピアノで、カシオのプリビアPX-800です。
実家に、アップライトがあるにはあるのですが、住宅事情で持って来れません。。
ピアノは以前から欲しかったのですが、ほとんどあきらめていました。
しかし、Priviaを初めて見たときは、衝撃的でしたね。
とにかく、コンパクト

奥行き30cmです。しかもこのコンパクトさでしっかりとした蓋が付いています。
ああ、こういうピアノの選択肢があったんだ。って思いました。
置いていても圧迫感もなく、でも安っぽくは見えません。部屋にマッチします。とてもスタイリッシュです。
PX-700、PX-800が選択肢に上がりましたが、同時発音数が大きいのと、スピーカーが2wayと言うことで、PX-800にしました。
SDカードで、ピアノ協奏曲などのオーケストラのみを再生しながら弾くと言うこともできるかな~と言うのもありました。
電子ピアノの利点は、とにかく調律がいらないと言うことです。調律は本当に厄介な問題で、さぼっていると音がおかしくなってきて弾くのがイヤになってきます。結構費用もかかりますし。

音は、十分ですね。きれいな音が出ますよ。タッチもしっかりとしています。
ローランド、ヤマハと他の高いエレピと比べても見ましたが、遜色ないです。
良くピアノを選ぶときにタッチと音を論議されるようですが、あまり細かいことは気にせずに、ピアノがあるって言うことの方が重要です(^^;
ヘッドホンは、標準ジャックの市販の物が使えます。2つ使えます。
組立は何とか一人で出来ます。
音色の操作とかは、番号を選ぶのと、ダイレクトに鍵盤で選択する方法があります。
グランドピアノだけは専用のキーがあって、一発で選択できます。
デモ曲は、ピアノだけの物と、他の音源を用いた物と、色々入っていて楽しめます。
ほぼ毎日触っています(^^)

プリウスネタと関係なくて申し訳ないです(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (1)