« 2010年6月 | トップページ

2010年10月28日 (木)

本、漫画を電子化する方法2(DR-2510C) 短時間で電子化を行う

電子化は短時間でキレイに行いたいですね。以前、裁断~電子化までを紹介しました。→コチラ
そこで、マンガ等を電子化する際に、迷いやすいことが、
(1)スキャン時の解像度、カラー設定
(2)保存時のフォーマット(jpg,pdf等)
これらは、人それぞれで様々な流儀があります。

■芸術的なスキャン
WEBでよく見かける方法は、(1)300dpi程度、カラー取込 (2)グレースケールでjpg保存 が多いと思います。
具体的には、300dpiのカラーでスキャン、jpgで保存後、紙の黄ばみを取り除くためにカラー調整、グレースケールに変換、サイズ変換縮小、モアレを軽減するレタッチ、質感の調整、再度jpg保存、ZIP等で圧縮して、ビュアーで閲覧する。と言う方法が多いようです。
この方法の特徴は、
(a)特定モニターで見やすい
(b)jpgで保存してあるので閲覧時の動作が軽い
(c)作業に時間がかかる。慣れても1冊1時間以上
芸術品のように、書籍をスキャンする方法が日夜論議されているようです。しかし、日常の片手間にスキャンしている私としては(c)が致命的すぎて実用的ではありません。これが原因で電子化に断念している方も多いと思います。

■とにかく短時間に、できるだけキレイにスキャン
日常的に電子化を行うには、とにかく早く電子化でき、ファイルサイズを小さく、閲覧ソフトは軽く、できるだけキレイに、が理想と言えます。
そこで、私の流儀は (1)600dpi、白黒2値取り込み (2)pdf保存 しています。
具体的には、DR-2510Cのジョブを設定したら、ボタン一つで600dpi白黒2値で全ページスキャン、pdf保存、次にカラーページを別にスキャン、acrobatでカラーページを上書き保存、acrobat reader等で閲覧する。と言う方法です。
この方法の特徴
(a)作業時間が早い。裁断、スキャン、カラーページ編集、ページ確認をやっても1冊10~15分程度です。
(b)白黒2値ですが、中間調のページもキチンと見れる。
(c)黄ばみ、裏写りがほとんど無い、再現性が高い
(d)白黒2値のためにコントラストが良く、くっきり見える。紙質を気にする必要がない。
(e)1つのファイルにでき、ファイルサイズが小さい、ビュアーが軽い、検索が可能。
(f)見開き、閉じ方の設定が出来る。閲覧する時楽。
早いです。基本的にスキャン後のレタッチや修正はしないので早いのです。カラーページの編集はしますが、ドラッグ&ドロップなのであっという間です。
白黒2値で取り込んでまともに見れるのか。と言う疑問が湧くと思いますが、中間調も十分キレイに閲覧できます。初めだけ明るさ、コントラスト、エッジの微調整が必要になりますが、これがハマると、2値とは思えない程の表現力が有ります。ScanSnap等は試したことがありませんが、DR-2510Cは良くできていると思います。(モアレ除去設定や、傾き補正設定などは行っていません。)
202a
(白黒2値の例。表示させた物を縮小しています。実際はもっと解像度が高い。)
2値で取り込むために、黄ばみの影響などはほとんどありません。

■白黒2値のススメ
白黒2値なのでacrobat readerでも軽く、ファイルサイズも小さいです。画像のピクセル数はとても大きいのですがソフト側は処理しやすいようで軽いです。比べると、カラーやグレースケールのページは重い事が分かります。拡大すると、かなり細かいところまで取り込んでいることが分かります。
モニターで見ると、表示倍率によっては若干モアレが発生するかもしれませんが、あまり気にならない程度です。ただしこれは表示やモニターの問題であり、jpgでモアレ調整した場合でもモニターを変えればモアレが発生する可能性はあります。

白黒2値でもデータ自体は高解像度で取り込んであるので、将来的に表示ソフトの性能向上が期待できます。モニターの解像度が高いほど、キレイに閲覧できます。
印刷してみると、原稿をほぼ完璧に再現できてしまいます。元々マンガはインクのドットで書かれているわけですから、当然かもしれませんが、再現性の高いデータを残せるという安心感があります。モニターに比べてプリンタは解像度が高いという理由もあります。

また、pdf保存するとファイルは一つで済み、透明テキストによる検索が使えます
DR-2510CのOCRは優秀で、スキャンとほぼ同時にOCRが終了します。OCR ONによる処理の重さは全く感じません。精度は一般的なOCRソフトと変わりありません。
マンガの場合、吹き出しのセリフ全てOCRがかかるわけではありませんが、キーワードによるシーンの検索などは重宝します。
マンガは、見開き設定をすることによって読むときに再現できるのもpdfの良いところです。
pdfは最も普及しているファイル形式の一つですので、将来的に読めなくなると言う心配はほとんど無いでしょう。

私はiPhoneは持っていませんが、先日自分のファイルをiPhoneで見れる機会があり、とてもキレイに見れるのでびっくりしました(サイズ的に見開きは厳しいですが)。
iPhoneが欲しくなってきましたよw

以上、私の流儀ですが、とにかく短時間に、できるだけキレイにファイルサイズを小さく、本、漫画を電子化して保存したい。と言う方にはオススメと思います(^^)

■電子化のメリット
電子化のメリットはすばらしく、数百冊の本のスペースがスッキリ空きました。
また、簡単に持ち運べて、いつでも見れると言うこともすごく便利です。時代は電子化に向かっていることをひしひしと感じます。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2010年6月 | トップページ